環境と健康に関する分析のことなら株式会社クレハ分析センター

  • ホーム
  • 業務案内
  • 問題解決事例集
  • 会社案内
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
PFOS分析

PFOS分析

LC/MS/MS
LC/MS/MS

有機系フッ素化合物であるPFOSやPFOAはその撥水性の高さから、防汚剤や塗料、消火剤といった工業製品や家庭用品など幅広い分野で使用されてきました。しかしこれらは環境中での安定性が高いことから、地球規模での環境残留や生体蓄積が問題になっており、国際的な規制が検討されています。

国際的な動向としてはすでに昨年POPs条約(残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約)においてPFOSおよびPFOS類縁物質として規制対象物質への追加が提案されました。

PFOSにおいて日本では化審法に基づき、第1種特定化学物質に指定され、
製造・輸入・使用が禁止されました。

当社ではいち早く測定法について検討を始め、環境試料(水質、底質)および、プラスチック材料中のPFOS、PFOAの分析法を確立しました。分析は、環境試料については固相抽出-LC/MS/MS法、プラスチック材料については、溶媒抽出-LC/MS/MS法により行うことができます。

また、炭素数が異なるPFOS/PFOA類縁化合物として、下記に示す合計8種類の有機系フッ素化合物の分析にも対応しておりますので、お問い合わせ・ご相談ください。

PFOS焼却処理に関しては、株式会社クレハ環境へ

分析項目

各種フッ素化合物のLC/MS/MSクロマトグラム
各種フッ素化合物のLC/MS/MSクロマトグラム
  • PFOS:パーフルオロオクタンスルホン酸
  • PFOA:パーフルオロオクタン酸
  • PFHS:パーフルオロへキサンスルホン酸
  • PFHA:パーフルオロへキサン酸
  • PFBS:パーフルオロブタンスルホン酸
  • PFHpA:パーフルオロヘプタン酸
  • PFNA:パーフルオロノナン酸
  • PFDA:パーフルオロデカン酸

ページの先頭へ