環境と健康に関する分析のことなら株式会社クレハ分析センター

  • ホーム
  • 業務案内
  • 問題解決事例集
  • 会社案内
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
アスベスト分析

アスベスト分析

東京都などの最近のアスベストの調査事例において、従来、国内では殆ど使われていないと考えられていたトレモライト、アンソフィライト、アクチノライト等の所謂無警戒のアスベストが相次いで検出され、厚生労働省は2008年2月6日付けで、建物の解体・改修工事前の調査では、クリソタイル、アモサイト、クロシドライトに限定することなく、上記3種類の石綿も含む合計6種類のアスベストを分析対象とするようにとの通達を出しました。

当社では、こうした社会的な動向にいち早く応えるべく、建材製品中のアスベスト分析について、6種類の全ての石綿分析に対応できる体制を整えました。

建材に限らず、作業環境、大気環境中のアスベスト濃度測定についても目的に応じた分析手法をご提案させていただくことが可能です。 今後、関連のJIS等の改正が予想されていますが、当社では、こうした動向にも迅速に対応していく予定です。

アスベスト分析でお困りの方には、当社より、合理的な分析方法をご提案させて頂きます。

アスベストの調査・分析

X線回折分析装置(いわき市)

当社は現在注目されている以下の3分野の分析に対応出来ます。

  • 1)吹き付け材を含む建材中のアスベスト分析
  • 2)室内、作業環境および大気環境の気中のアスベスト分析
  • 3)天然鉱物中のアスベスト分析

いずれも最新鋭の分析装置を用いて、高精度の結果をお客様にお届けいたします。

クロシドライトのSEM写真(左)各種アスベストのXRDパターン(右)

アスベストの分析法

1)建材中(吹付け材を含む)の分析

SEM/EDX析装置

JIS A 1481「建材製品中のアスベスト含有率測定方法」(以下新JIS法)により分析を行います。

アスベストが0.1%を超えて含まれるかどうかを、新JIS法より判定することが可能です。

2)気中の分析

平成18年10月に空気中のアスベスト分析方法であるJISが改正されました。その他気中の分析は下記の方法により試料採取から分析までの一貫分析をお引受け可能です。

  • (1)室内空気:JIS K 3850-(1)・・・2006 空気中の繊維状粒子測定方法
    光学顕微鏡法及び走査電子顕微鏡法の6-1~6-3までの何れの方法でも可能
  • (2)敷地境界:環境省告示第93号(平成元年12月27日)
  • (3)作業環境:作業環境測定ガイドブック、石綿濃度の測定(日本作業環境測定協会、平成17年7月7日)

3)その他

天然鉱物中の石綿分析につきましては、基安化発第0828001号(平成18年8月28日)に沿った分析が可能です。

検出された大気中のクリソタイル(SEM写真(左)、EDXスペクトル(右))

ページの先頭へ